spotnitz’s blog

思い付きを記しておきます

今回の南北首脳会談は歴史的な瞬間であると共に、我が国にとっても極めて重大な分水嶺となる。

 

演出された和解ムードにより、日本の正当な要求は時として、それに水を差す物として国際的な非難を浴びる事となるだろう。

 

また、今回の出来事は核武装という力の誇示によって実現した物である事を忘れてはならない。

 

我々の未来は厳しい現実の先にある。

 

東京は豊洲、大阪は舞洲、沖縄は豊崎にカジノ特区設立。

希望としては、特区全体は高い塀に囲み、外国人の望む、詫び寂びが生きた日本と、サイバーでネオな日本を演出。

観光客の出入りは入管の管理した特定の交通機関のみ。特区内のみ滞在のビザを発行。税制、医療、建築、商業や金融においても特区。滞在費は特に安くする。車はEVのみの運用。

 

・PLAが北朝鮮侵攻。同時に反勢力を支援、蜂起を促す。

・米韓連合軍は38度線を堅守と、越南した特殊部隊への対処に注力。

・米海空軍は航空攻撃と巡航ミサイルによる軍事目標への攻撃に集中。同時にPLA侵攻のサポートを行う。

・米韓特殊部隊は重要目標の直接投入(斬首作戦的な物はリスク大きく実行しない?またスカッドセイバー任務に我が国の特殊作戦群の共同投入もあり得るか)

・ロシア軍も牽制の意味を含む限定的な介入

・最終的な北京のコントロールを受けた北政府の樹立。極東アジア地域安定の名目で米中の東シナ海での譲歩、米露のNATO及び中東域でのプレゼンス、日露の極東開発、日米が譲歩を出さざるを得ない局面が想定される。

有事法制の大小を先送りしてきた結果の余計な悲劇が起こらない事を切に願う。起こす事と備える事の違いすら理解せずに、言葉遊びに終始したツケを払わされるのは一体誰か。

 

●トランプ政権のパレスチナ問題方針変換はイスラエル右派に利用され、中東のみならず、世界中に更なる緊張を強いる事になる。特に欧州各国にさらなる疲弊を強いる事となり、ロシア、中国の中東、アフリカにおけるプレゼンスを加速させ、新たな冷戦構造を招く事になりかねない。

 

●今回の事件は反金正恩派の結束を強める結果になるだろう。

●空港内で実行→マレーシア国内で中国公安部による警護が手薄になる場所

 

工作員以外の人員を加えた実行チームは特筆に値する。募集にSNS等も活用したか?捜査だけでなく、予防も困難に。

正男暗殺→正恩体制盤石→核開発進む→中国激怒→外交得点稼ぎたいトランプ政権が中国に譲歩。→自衛や懲罰といった名目で北に侵攻。米韓、日本は38度線維持の防衛戦→結果、中国は北京に忠実な北朝鮮を確保。韓国は長期的な成長安定を求め中国に接近。アメリカは現状からの撤退を回避、イニシアチブを回復。ロシアは極東の緊張により、増す存在感。日本は???

・陸海空で島へのアクセスを確保

・島内、壁の外側に国際展示場とイベントエリアも併設